福岡の弁護士グループです。会社経営者の立場に立って、経営問題・労働問題・企業法務などに取り組んでいます。

おくだ総合法律事務所

当事務所が企業法務において重視するのは、「紛争の予防(戦わずして勝つ)」「実現可能な助言」の提供です。

企業法務、とりわけ、中小企業に関する会社法上の諸問題、取引上の契約紛争、債権回収、労務管理問題などを多数取り扱っており、また、企業顧問として、主に福岡県内の中小企業様に対し、上記問題等に関する予防法務的観点からの助言を日常業務として行っております。

基本情報

所在地:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601

ご予約フリーダイアル: 0120-976-481
TEL: 092-739-6262
FAX: 092-739-6260

受付時間
平 日 AM8:30~PM6:00
土曜日 AM10:00~PM3:00
休日:日曜・祝日

ホームページ

おくだ総合法律事務所 http://www.okuda-lawyer.com/

交通事故被害者相談専門サイト http://www.okuda-jiko.com/

おくだ総合法律事務所から経営者様へのメッセージです


おくだ総合法律事務所は、弁護士・奥田貫介(おくだかんすけ・兄)、弁護士・奥田竜子(おくだりょうこ・妹)、弁護士・田代隼一郎(たしろじゅんいちろう)の3名の弁護士で運営しています。

いずれの弁護士も、企業法務、とりわけ、中小企業に関する会社法上の諸問題、取引上の契約紛争、債権回収、労務管理問題などを多数取り扱っており、また、企業顧問として、主に福岡県内の中小企業様に対し、上記問題等に関する予防法務的観点からの助言を日常業務として行っております。

さらに、裁判所より選任される破産管財人としての業務も多く、そのため、企業の倒産事案に関する多くの経験、知見を有しております。

当事務所が企業法務において重視するのは、「紛争の予防(戦わずして勝つ)」「実現可能な助言」の提供です。

1、紛争の予防(戦わずして勝つ)

企業に関する多数の訴訟事案を経験するなかで痛感するのは、日常業務の中での紛争予防の重要性です。

たとえば、きちんと契約書や覚書を交わしておけばよかった、契約書の中にほんの一言、条項を入れておけばよかった、取引前にスキームについて30分だけ弁護士に相談して助言をうけていればよかった、というような事案があまりにも多いということです。当事務所では、多くの訴訟事案、紛争事案の経験、分析をフィードバックして、顧問企業等に対して、「戦わずして勝つ」ための法的助言を行っています。

2、実現可能な助言

「戦わずして勝つ」ために日常業務の中での紛争予防が重要だとしても、企業が紛争予防に向けうる時間的、人的コストは限られています。紛争予防のための弁護士の助言が、企業の本業の足かせとなるようでは本末転倒といえます。

たとえば、契約書の作成、チェックを行う場合、様々なリスクを想定して依頼主企業に有利な条項を並べたとしても、依頼主企業の担当者が現実的にこれらを実行できなければ、条項の効果が期待できないばかりか、いたずらに取引現場を混乱させることになり、相手方企業からの信用を失うことにもなりかねません。もちろん、相手方企業との取引における力関係も考慮に入れる必要があります。

当事務所では、このような、依頼主企業の実情にあわせた、現実的な解決案の提案、助言を行うことを重視しています。

マップ


大きな地図で見る

FACEBOOKページ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 福岡 経営・労務 弁護士グループ All Rights Reserved.